2014年10月08日

「五月雨の夜に吼える犬」は終了致しました。

団員、竹本幸生と研修生、岡本紹稔が出演致しました
劇団EVENT-STATION.さんの
「五月雨の夜に吼える犬」
は無事に千秋楽を迎える事が出来ました!

ご来場下さいました皆々様
誠にありがとうございましたm(_ _)m

五月雨表.jpg

五月雨裏.jpg

タイトル
五月雨の夜に吼える犬

作・演出
山崎裕斗

日時
2014年
11月1日土曜日{18:00〜}
11月2日日曜日{13:00〜/18:00〜}
11月3日月曜日{18:00〜}
※各45分前より受付開始、30分前より開場します。

チケット
一般(前売り)1800円/当日2000円
中高生(前日当日とも)500円※要学生証
小学生以下及び65歳以上は無料です。

会場
リーベルホール
(リーベル王寺東館5階 王寺町地域交流センター内)

出演
山崎裕斗
中村恵
粟生あきら
南出倭
茅原衣里(SparkleWind)
田村美紀(SparkleWind)
竹本幸生(劇団PingPongDASH!)
中村香澄
西本静華
リュウジ宮本(劇団転機予報)
裕希
北口果歩
山田圭(FREE STYLE STUDIO 金毘羅)
仲口拓磨
徳丸¥1
山尾匠(山尾企画)
笠牟田亮輔(劇団アシデマトイ)
井上大輔(足一/淡水)
山下葉月
森行省太(劇団〜咲〜)
長村稔基(劇団〜咲〜)
岡本紹稔(劇団PingPongDASH!)

あらすじ
皇極二年(643年)飛鳥板蓋宮―――

律令制が確立されていなかったこの国は
力のある豪族がそれぞれに領土を支配していた
それ故に、内乱、争いが後を絶たず
国は疲弊し、民は苦しみ、飢えるばかりであった

海を越えた大陸では
大国「唐」がその勢力を増し
百済、新羅、高句麗、そして、
この大倭の国をもその支配下に
置こうとする動きがあった

父、蘇我蝦夷に紫冠を譲られ
大臣となった入鹿は
己の野心の為だけではなく、
この国の為に見えない敵と戦った


そして
皇極四年、乙巳の変
悪名を背負い、己を殺した

古の都に、千の雫が降り注ぐ
闇に消され、決して語られない歴史が静かに紡がれる

チケット予約は劇団メールフォームもしくは
こちらのURLに必要事項を記入のうえhttp://ticket.corich.jp/apply/57490/007/ご予約をお願いします!
是非是非ご観劇にお越しくださいませ!
posted by ピポパ at 02:38| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする